二次会

二次会に行くときにお祝いは必要なのか?二次会でお祝いをするときの注意点

結婚式は招待されていないけど、
二次会には招待されたということってよくありますよね。

 

新郎新婦が海外で結婚式を挙げた場合や、
国内でも結婚式は親族のみで行った場合や人数の関係で二次会のみになる場合など色々あります。

 

結婚式に招待されていればご祝儀を渡すので二次会では不要ですが、
二次会のみの場合はどうしたらよいか迷ってしまうものです。

 

そんなときに押さえておくべきポイントをご紹介します。

 

二次会に行くときにお祝いは必要なのか?二次会でお祝いをするときの注意点

 

〈まずは気持ちがあるかどうか〉

新郎新婦はお祝いをもらいたいがために二次会に招待するのではなく、
幸せな空間を一緒に分かち合いたいという思いで招待するものです。

 

また二次会は会費制の場合が多いので会費を払うことがお祝い代わりという考え方もあります。

 

ですので会費とは別にお祝いを渡さなくても問題ないのですが、
それだけでは気がすまないという場合にはお祝いを渡すといいでしょう。

 

イヤイヤ渡すのは逆に新郎新婦
に対して失礼にあたるので、
あくまでも『お祝いを渡したい』という気持ちがあるかどうかが大切です。

 

〈気を使わない程度のものを〉

お祝いを渡す場合は新郎新婦が気を使わない程度のものにしましょう。

 

お金を渡す場合は一人あたり上限10,000円くらいであれば、
新郎新婦も気を使わないですみます。

 

物を渡す場合は値段はお金を渡す場合と同じくらいで、
かつ持ち帰るのに困らない大きさにしましょう。

 

あまり大きすぎるものだと持ち帰るのもそうですが、
会場での置く場所にも困ってしまうことがあります。

 

何人かのグループで二次会に参加する場合は、
それぞれで渡すよりもみんなでまとめて渡した方が新郎新婦も気を使わなくてすみます。

 

それでも新郎新婦が後日お返しをしてくれた場合には断ったりせずに受けとりましょう。

 

〈どうしても大きいものを渡したいときには〉

お金ではなく物を渡す場合で、
家電などの大きなものをどうしても渡したいときには二次会当日ではなく後日改めて渡したり、
二人の新居に直接持っていったり配送してもらうといいでしょう。